不織布マスクで悪化したあごニキビを治した方法

4月 5, 2021 スキンケア

「外出するときはマスクをしないと」
「オフィス出社の時はマスク必須」
「メイク崩れちゃってるからマスク外したくても外せない」

ビューティーオープナージェルを使ったレビュー!

元々あごニキビができやすくて、肌ケアには気をつかってきたわたしですが、不織布マスクをつける習慣で見事に悪化しました。

ドラッグストア、100円ショップ、いろんなお店で売ってる不織布マスクを試したけど、全部肌に合わない・・・。

つけて1時間以上経つと、むずむずかゆくなる、蒸れる、そして治りかけてたニキビが赤く炎症する。

負のスパイラルでしかない(笑)

このままじゃニキビ跡になって将来シミになる!やばい!

ということで、色んな対策を試しました。

その中でも、一番自分に合ってて、ムリなく続いているニキビ対策を3つ紹介してみようと思います。

この方法で炎症が少しずつ落ち着いてきて、今はもう、ニキビ跡だけの状態。

あとは肌のお手入れをがんばって新陳代謝を促すだけです!

<実践したあごニキビ対策>
①布+不織布マスク
②家ではとにかく保湿
③休日はアイメイクのみ

①布+不織布マスク

とにかく、不織布の繊維が肌に合わないと思ったので、ガーゼをあてて、その上から不織布マスクをするようにしてました。
そうすることで、肌のムズムズを感じることがなくなって、「肌荒れ悪化してるんだろうな」って、仕事中気にすることも少なくなった。

②家ではとにかく保湿

まぁこれは基本中の基本ですよね。
家では、肌を清潔に。保水、保湿。あご周りは日中のマスク擦れでダメージを受けてるので、少し厚めの膜をはるようにやさしくクリームを塗ってました。

③休日はアイメイクのみ

仕事の時は無理だけど、休日はアイメイクだけしっかりやって、マスクのかかる部分は『日焼け止め+ベビーパウダー』のみにしてました。

これを徹底して2,3か月したら、ニキビをぶり返すことがなくなって、すでにできてたニキビが日に日に小さくなっていったんです。

敏感肌で肌荒れしやすいタイプだったから、不織布マスクの日常化はしんどかったけど、この方法を見つけてからは徐々に自分の肌に自信を持てるようになりました!

ちなみに、バセリンを塗ってからマスクをつけるといいっていう記事を読んだことがあって、それも試しましたが、バセリンが合わなくてダメでした(笑)

投稿者: hunakisaori