面倒くさがりの私がキチンとスキンケアをするようになるまで

2月 3, 2021 スキンケア

もともとずぼらな性格をしているため、クレンジングや洗顔料を使った洗顔は気が向いたときにしかしていませんでした。それでも、幸いなことにきめの細かい肌を維持できていたので、お手入れをしなくても何とかなると気にしていませんでした。

ヴィオテラスCセラム

ところが、妊娠、出産後、初めての子育てで、とにかく子供中心の生活を送るようになったことで、自分のことにかまける余裕がなくなったのです。当然、クレンジングも洗顔料を使った洗顔も全くしません。

そんなある日、鏡を見ると、くすんだ顔色の自分が映っていました。よく見ると、毛穴は涙型や線になっている状態。肌もかさかさで粉が吹いており、シミやシワ、そばかすが至る所にある状態だったのです。自分で言うのも何ですが、おばさんと呼ばれる年齢なのに、おばあさんのようでした。10数年前までは「肌がきめ細かくて良いね」と言われた頃がうそのように、ひどいものでした。

あまりにも酷い状態に、何とかしなければと一念発起。毛穴の悩みに効果的だという洗顔料を用いたり、セラミドなどが多く含まれた化粧水をしようしたりと、自分なりに試行錯誤しながら、頑張っているところです。

さまざまなメーカーの化粧品を使用しましたが、現在はヤクルトのメーカーから販売されている化粧水を使っています。こちらの化粧水やクリームと私の肌は相性が良いようで、しっかりお手入れを続けると丸くて引き締まった毛穴になり、肌の色も明るくなります。年齢を重ねても、肌にハリや潤いのある母でいられるよう、これからもサボることがないよう続けていきたいと考えています。

投稿者: hunakisaori