10代の頃とは全く違う髪の毛の悩み

11月 16, 2020 育毛

私は幼少期から髪の毛の量が多く、高校生の頃には?コテで巻いたりと毛染めが許されないなか、極力重たい印象にならないように試行錯誤していました。

http://www.steevelaffont.com/

大学に入り、カラーが出来るようになり、かなり印象も変わって嬉しかったのを覚えています。社会人になってからは、根本がプリンにならないようにずっとカラーを繰り返しているうちに、髪の毛の傷みや乾燥、枝毛が新しい悩みに変わりました。ずっと長年カラーをしているので、髪や頭皮の健康を取り戻そうと一度真っ黒のバージンヘアの状態にしようかと美容師の方に相談しましたが、どうしても内側から色が出てきて、真っ黒の状態に戻すことも時間がかかるため、今もなおカラーを繰り返している状態です。トリートメントも洗い流すもの、流さないもの、オイルやミルクタイプ、口コミが優れているものをさまざま試しています。

美容室にも頻繁に通いたいところですが、このご時世なので極力控えています。もともとセミロングやロングヘアーが好きなので、思い切ったショートへアーにする勇気もなく、どうにかサラサラでつやつやのキューテクルがある髪の毛にならないかと悩んでいます。30代になり、髪の毛のツヤや健康もアンチエイジングのひとつになるのだと実感しました。

投稿者: hunakisaori